タグ「推奨量」が付けられているもの

βグルカン(ベータグルカン)をやっと入手した後に迷うのが摂取量です。

βグルカンは薬ではないので決まった指定量がありません。実際にβグルカンの利用に際しては、個々人の体質や体調によって大きな個人差があり、適切な量もかなり大小があります。


困ったことに悪質な販売店ほど「βグルカンはなるべく多く飲む方が良いから、沢山飲みなさい!」などと、無責任な指示が発せられるようですが、このような販売店の都合による無責任な指示を守る必要はありません。

本当に患者視点に立ったβグルカンの摂取量としては、予防的な取り組みなら高純度βグルカン一日1粒でも十分です。高品質のβグルカンを利用すれば、治療中の利用者でさえも1回2粒を1日2回程度で、必要にして十分な量のβグルカンが得られるのです。


実態としては、"良質のβグルカンならば"という前提条件がクリアなら、少量しか飲まなくても十分!なのです。

品質の良いβグルカンを入手できたなら、重要なのは量よりも飲むタイミング