タグ「価格」が付けられているもの

βグルカン本舗から新年のご挨拶

謹んで新年のお慶びを申し上げます。
旧年中は、『βグルカン本舗』をご愛顧頂き誠にありがとうございました。

今年も激動の社会変化が起こりそうで、私達 庶民の生活も翻弄される日々が続くことが予想されます。しかし、か様な世の中でも『βグルカン本舗』だけは揺ぎ無く創業理念を固持し、変わらず世界最高品質のβグルカン(ベータグルカン)を、より安く提供することを継続させて頂く覚悟です。

皆々様にとって、2017年(平成29年)が、回復・復活・飛翔の年となりますよう、スタッフ一同も祈念しております。

本年も宜しくお願い申し上げます。

βグルカン本舗
運営:株式会社 オルタス
サプリメント事業部
スタッフ一同

世界最高品質のベータグルカンオルタスβグルカン85』はサプリメント最先進国の米国から原材料を輸入しているため、日本円と米ドルの為替の上下で販売価格に大きな影響を受けます。単純には円安だと値上げ、円高だと値下げ方向の圧力が掛かってしまうのです。

"アベノミクス"で唯一に実働している施策の「日銀異次元緩和」で急激な円安が継続してきましたが、昨今にようやく急激な円安が一息つき、少し円高に戻ってきている様子です。

円安で株式市場の株価は上がるものの、その恩恵は大企業と一部の資産家を潤すだけで、輸入品の価格が上がることで食品も日用品も全ての物価が値上げされて来ています。ガソリンだけは安くなったように見えますが、国際的な原油価格が半値以下まで低下している背景を考えるとまだまだ高過ぎです。生活感としては収入は増えないのに、支払ばかり増えているのが実感ではないでしょうか?

こ のような生活環境と経済情勢は、我々の"お上"=政府が「物価を上げること」=「景気回復」という政策を大々的に進行しているのだから、当然の成り行きで す。生活者としての観点では物価は十分過ぎるほどに上がっていますが、お上の統計では物価が下がっているそうで、まだまだ「物価を上げねば」と腕まくりを しているような状況です。悲しいほどの「すれ違い」感には、やるせない感情のやり場に困ってしまいます。

これからも、まだまだ物価の上昇が続く昨今ですが、庶民の味方たろうと孤軍奮闘のβグルカン本舗では、『秋のβグルカン特価フェア2015』を開催決定しました。10月末までの期間限定で長期の価格をお約束できないのが心苦しいのですが、上記のような状況ゆえにご高察下さい。

なんとか前月価格を維持できたことにスタッフ一同も胸を撫で下ろしています。
日本で唯一の高品質・低価格ベータグルカンへの皆様の引き続きのご愛顧をお願い申し上げます。

βグルカン本舗
くすし 拝