推奨できないβグルカンとは?

βグルカン(ベータグルカン)は素晴らしい成分に間違いありません。 そのため、βグルカンを主成分としている健康食品が 非常に大量に多くの種類が販売されていることも自然なことです。

しかし、数千種類を超えるであろう多種多様なβグルカン製品の中には、 残念ながら「お勧めできない製品」もあります。 むしろ、買ってはいけないβグルカンの方が多いかもしれないのです。 今回は、買ってはいけない、非推奨のβグルカン製品の特徴と注意点をまとめま した。

高価過ぎるβグルカンはダメ
「価値のある物ほど高価である」という常識が通用しないのが健康食品。 原材料が貴重だからとか、産地や加工方法が特殊だからという 一見もっともらしい理由を並べていても、 高額製品の品質が、逆に価格に反比例して低級である可能性が高いのです。 一ヶ月の製品購入費用に数十万円も必要なβグルカン製品は、非常識=値段が高過ぎるため、内容、品質を疑うべきでしょう。

基本的な品質が確保されているβグルカン製品ならば、 価格設定も常識的なはずであり、 その価格も常識の範疇=1ヶ月に1万円程度が妥当です。

含有量が少ないβグルカン製品はダメ
βグルカン製品を購入する目的と原理は、製品中のβグルカン成分をできるだけ大量に吸収することです。

この点において内容成分としての、 βグルカンが絶望的に少ない製品が多いことに留意が必要なのです。 最も多く流通しているキノコ健康食品の場合には、 その多くでβグルカンは5~10%の微少量しか含まれていません。 ネットワークビジネス(ねずみ講)で薦められることの多い黒酵母のエキスや培養液(アウレオバシジウム水溶液)などでは、βグルカンはわずか2%を越えません。 残りの98%は、水分なのです!

大金で購入する製品の内実が、 水や不純物で半分以上が占められていては、 βグルカンを十分な質と量で摂取することはできません。 少なくとも製品中の60%、 できれば80%を超えるβグルカン含有率が確保されている製品を 選ぶことは絶対条件と言えるでしょう。

成分検査が不詳なβグルカンはダメ
βグルカンが沢山入っています。」「βグルカンが高純度」と 大々的に宣伝広告される製品が増えていますが、 広告どおりの大量のβグルカンが本当に含まれているのでしょうか? 正式な検査を実施することなく、 自社検査などでお茶を濁す高純度βグルカンも多いことに注意が必要です。 公正公平な社外第3者が実施したβグルカン成分分析を公表している本物の高純度βグルカンを買うべきです。 検査結果が伴わない"自称"高純度"βグルカンでは、本当のβグルカンは望めないでしょう。
商品知識が危うい=間違った情報の段売店はダメ
「βグルカンを食事と一緒に摂れます。」「味噌汁に混ぜても大丈夫!」などと 間違ったβグルカン摂取法を公言する販売店には閉口してしまいます。

βグルカン(ベータグルカン)の正しい摂取方法は、「食間に水だけで摂取する」です。 これは成分の性質を理解した上で最大効率化を考えれば明白なのですが、 生半可な知識でβグルカン製品を製造、販売しているような、 いい加減な販売店では間違った紹介が宣伝されています。 このような誤った商品知識を堂々と公言する販売店の製品は、 製品レベルも低いと見て間違いないでしょう。

体験談や闘病記、効果効能の解説が豊富なβグルカン製品はダメ
体験談や効果効能の宣伝広告は、薬事法違反の犯罪です。 現代では口コミやレビューに対して、有料での宣伝広告として「ヤラセ投稿」が 激増していることも留意すべき現象です。

違法もしくは犯罪スレスレの広告宣伝で販売されるような製品は、 品質以上に高額か、品質が異常に低いことで、悪徳業者に大きな利益をもたらし ます。

大げさな宣伝広告のβグルカン製品は、価格に見合わないため買ってはならないのです。

上記に列挙した「買ってはいけないβグルカン」の条件は、 実はとても常識的なことです。 しかし、これらの常識を満足できるβグルカン製品が、 とても希少であることが問題なのです。

あるべき常識に即した希少なβグルカン製品が『オルタスβグルカン85』。 この製品の価値は、あまりに常識に即している本物の高純度ベータグルカンであることです。 その本質は、よく調べ上げた方ほどに、ご理解と賞賛を賜っている事実にありま す。

本物の超高純度ベータグルカン『オルタスβグルカン85』は、『βグルカン本舗』だけの製造直販品。 「年末感謝セール2016(~12月31日まで)」の好機を逃さずお試し下さい。