高品質のβグルカンとシイタケ,ハナビラタケの問題とは?

高純度のパン酵母βグルカン(ベータグルカン)を買う前から既に手元にキノコ原料の健康食品が購入済みだった場合、
「平行して摂取して良いものか、同時に飲んでも良いのか」
といったご質問も数多く『βグルカン本舗』へ寄せられます。

結論から申し上げると、
同時に飲んでも害は無いのですが、
1時間程度の時間差を確保しての摂取が望ましい」です。

超高純度βグルカンである『オルタスβグルカン85』が高純度であることの恩恵は、
機能性が期待されるβグルカンの質と量が非常に多いことに加え、
ベータグルカンの機能を邪魔する不純物である「たんぱく質や脂質」が少ないことも
大きく寄与しています。

βグルカン(ベータグルカン)の摂取タイミングとして「食間に水だけ」を推奨している理由は

食事に含まれる「たんぱく質や脂質」が、高純度ベータグルカンに混じってしまうことで、
βグルカンの機能性が落ちてしまうことを避けて欲しいからです。

不純物の殆ど無い『オルタスβグルカン85』と比べると、
非常に不純物が多いキノコ抽出物の「シイタゲン」「はなびらたけ」「はたけしめじ」etcを同時に摂取してしまうと、
結果として「不純物の多いβグルカン」を大量に摂ったことになってしまいます。
これでは「害は無い」ものの高純度βグルカン(ベータグルカン)は本来の力を発揮することは難しく、
モッタイナイ」状態になってしまうのです。

つまり、高純度βグルカンから見たキノコ健康食品は普通の食事に近い食品として扱うことが順当であり、
そのための一定の時間間隔を置くことが賢明な摂取方法とできるのです。

せっかくも高純度βグルカンをご利用頂けるのであれば、
万全にして最高の利用方法を知って頂き、ご活用頂くことで、良い結果に結びつくと確信しています。

βグルカン本舗
くすし 拝